天山堂薬局の体験談

TEL:03-5333-1590
住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-31ー3

検索結果:55件中1件から15件まで表示

漢方薬を服用したら便秘が改善しました

(天山堂薬局 東京都) MAP

40代、女性 便秘があります。 排便は、4日に1回便が出ますが、便が硬いです。 市販薬を服用しています。 晩酌は、日本酒を3~4合くらい飲みます。 排尿回数は、1日に10~15回で多いです。

飲食習慣や胃腸の状態による、体内の津液の損傷が便秘と関係していると考えられました。 排尿の回数が多いことを考慮して、腸内を潤して便秘を改善させるような「潤腸通便」の漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から5ケ月で便秘が改善しました。

膝の腫脹と疼痛の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

70代、女性 膝の腫脹と疼痛があります。(腫れと痛み) 膝が冷えます。 顔色は血色が悪くて青白いです。 雨天時に膝の痛みが増し、歩行困難となります。

「寒湿」タイプの体質の不調が考えられました。 経絡の状態も考慮し、膝の痛みの改善を重点としたお漢方薬をお勧めし服用していただきました。症状が重かったため改善するまでには長くかかり、漢方薬の服用開始から1年2ケ月で痛みが改善しました。

漢方薬を服用したら耳鳴りが改善しました

(天山堂薬局 東京都) MAP

70代、女性 耳鳴りがします。 耳鳴りの音は、ボワーンや、ジーというセミの鳴き声のような音がします。 腰がだるくて重く感じる。 頭が張って、痛む。 めまい、不眠症があります。

耳鳴りの主な原因は「肝腎陰虚」タイプの不調の可能性が考えられました。 「肝腎陰虚」の状態を考慮して、めまいや不眠症などの改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から6ケ月で耳鳴りが改善しました。

パニック障害の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

50代、女性 パニック障害があります。 人混みの中では、動悸、不安感、めまい、肩こり、嘔吐がでます。 悲哀感、不眠症、焦燥感が強いと言った不調があります。 体力が落ちて疲れやすく、痩せました。 仕事を辞めました。 きっかけは、家族、友人が亡くなったことです。

色々思い悩む「思慮過度」が主な原因で、特に「心陰」が消耗し、精神的に不安定になり、悲嘆が続く「臓躁(ぞうそう)」の状態が心身の不調につながっていると考えられました。 「心陰」の消耗を考慮して、不安感改善を重点とした、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から6ケ月で心身の不調が改善しました。

痔の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

30代、女性 痔があります。 痔の手術を受けて、薬も服用中です。 痔核で、排便時に出血が多く、激痛があります。 肛門が下墜する様に張るような痛みがあり、お尻が重く感じます。 肛門の灼熱感、お腹の張りがあり、全身倦怠感があります。 貧血もあります。

飲食の嗜好等のお話も伺いました。痔の主な原因は、「湿熱」が生じて、大腸と「湿熱」タイプの体質の不調が関連していると考えられました。 また、「湿熱」と同時に「瘀血」タイプの体質の不調もあると考えられました。 「湿熱」と「瘀血」の状態を考慮して、痔核の改善を重点とした、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めして服用していただきました。 漢方薬の服用から5ケ月で痔核が改善しました。

漢方薬を服用したら生理痛が改善しました

(天山堂薬局 東京都) MAP

生理痛があります。 5~6年前から生理痛がひどく、薬を服薬しています。 生理痛は、生理の2日前から始まって生理の2日目までぐらいが辛いです。 月経血の出血量は、2日間とも多いです。 強い腹痛があり、経血の色は暗紫色をしていて、経血に塊があります。 下腹部が冷えて痛みます。 子宮内膜症があります。

生理痛の主な原因は、「血」の流れが滞っている「血瘀」タイプの体質が関係していると考えられました。 「血瘀」の状態を考慮して、生理痛の改善を重点とした、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬を2ケ月間服用して、生理痛が改善し、以前から生理痛の時に飲んでいた薬を飲まなくても過ごせるくらい体調が良くなりました。

漢方薬を服用したら夜間尿が改善しました

(天山堂薬局 東京都) MAP

60代、男性 15年程前から夜間尿が続いています。 腰や膝のだるさ、頭のふらつき、めまいなどがあります。

夜間尿の主な原因は、尿の排泄などと関係する「腎陽虚」タイプの体質の不調と考えられました。 「腎」「肝」「脾」の状態を考慮して、夜間尿の改善を重点とした、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から8ケ月で夜間尿が改善しました。

漢方薬を服用したら筋肉痛が改善しました

(天山堂薬局 東京都) MAP

30代、男性 筋肉痛で上肢に痛みを感じます。 体を鍛えていた時に、上腕二頭筋を痛めてから、半年間痛みが続いています。 上肢は青紫色に腫れていて、筋肉の痛みが強いです。

内出血があり、「瘀血」タイプの体質の不調が生じ、痛みが続いていると考えられました。 「血」の巡りを考慮して、筋肉痛の改善にこの方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし、服用していただきました。 漢方薬の服用開始から3ケ月で筋肉痛が改善しました。

漢方薬を服用したら花粉症が改善しました

(天山堂薬局 東京都) MAP

30代、男性 花粉症で、目が痒く、鼻づまりがひどいです。 毎年、2月~5月頃に花粉症の症状が出ます。 鼻水は透明で、やや濃いです。 下肢が冷え、疲れやすいです。

鼻づまりの状態を考慮して花粉症の改善を重点とした、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から2ケ月で花粉症が改善しました。

漢方薬を服用したら、アトピー性皮膚炎の皮膚炎が改善しました

(天山堂薬局 東京都) MAP

10代、男性 長期間、アトピー性皮膚炎が肘や膝の内側にあり、痒いです。 皮膚が痒くて掻いてしまい、びらんして滲出液が出ています。 頭のフケが多いです。 発熱や頭痛があり、イライラすることが多いです。

「脾胃」の状態を考慮して、長引いている皮膚炎の改善を重点としたこの方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から6ケ月で皮膚炎が改善しました。

病後の体力低下の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

20代、女性 病後の体力低下で漢方相談しました。 癌で病院に入院し手術をして退院しましたが、癌の転移があり、再度病院に通院中です。 すごく痩せて、体力が落ちました。 食事量は少ないです。足がだるく、痛いです。

食事量を増やして、体力をつけることを重点として、「脾気虚」タイプの体質の体調不良を改善するような漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から5ケ月で体調不良が改善したら体力もついたように感じます。 その後、病院で抗がん剤治療を続けています。

皮膚掻痒症の皮膚の痒みの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

10代、男性 皮膚掻痒症で皮膚に痒みがあります。 皮膚が痒くて、皮膚を掻くとびらんができ、滲出液が出ます。 便は、2日に1回は出ます。 食事は、脂っぽいもの、甘い物をよく食べています。

飲食習慣により、体内に「湿熱」が生じているように考えられたので、「湿熱」を考慮して皮膚の痒みを重点としたこの方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし、服用していただきました。 漢方薬の服用開始から8ケ月で皮膚の痒みが改善しました。

子宝相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

20代、女性 子宝相談。 既婚。子宮内膜症と、卵巣に腫瘍があります。 経血の量は、1日目と2日目が多く、塊があります。 生理前に生理痛のような痛みがあり辛いです。 漢方薬の飲み方は、月経の周期により体調体質を整える漢方薬を調整しながら服用する方法を希望し、漢方相談しました。

月経周期の低温期、排卵期、高温期、生理期に応じて、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から1ケ月で、月経血の黒っぽかった色が鮮やかになり、塊が無くなりました。 漢方薬の服用から約1年後には、漢方薬を服用し体調を整えていたら妊娠し出産しました。

漢方薬を服用したら痔が改善しました

(天山堂薬局 東京都) MAP

50代、女性 痔で困っています。 便秘をしたり、睡眠不足が続いたりして疲れがたまると、排便時に鮮血がでます。 20年前に、痔の手術をしたことがあります。 普段は熱がでることが多く、食欲不振があります。

長年の飲食習慣や便秘などの影響で「脾胃」に「湿熱」が生じ、痔の主な原因になっていると考えられました。 「脾胃」の「湿熱」を考慮して、便秘改善の漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から5ケ月で痔が改善しました。

多汗症と鼻炎の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

10代、男性 多汗症と鼻炎で困っています。 暑がりで、多汗があります。 花粉症で、鼻水、くしゃみが出ます。 皮膚が化膿しやすいです。

多汗症や皮膚が化膿しやすいことを考慮して、鼻炎を重点としたこの方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から9ケ月で体調不良が改善しました。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。

よく知って、正しく使おう OTC医薬品