子宝相談

漢方薬を服用し体調を整えていたら妊娠しました

Before

結婚前より生理痛がひどく、病院の婦人科を受診。
子宮内膜症(左右ともに3cm程度の卵巣嚢腫)が発覚しました。
26歳結婚し、27歳で子宮内膜症の悪化がわかり、手術をしました。
27歳で右8cm、左3cmの両側卵管閉塞が発覚しました。
1人目の不妊治療を体外受精で開始しました。(不妊治療開始時のAMH2.8)
2回採卵し、1回目の移植で妊娠しました。
28歳で前置胎盤による管理入院の末に33週6日で帝王切開で男児を出産。
30歳で2人目の不妊治療を体外受精で開始(不妊治療開始時のAMH2.2)
両側卵管閉塞と両側卵管水腫が発覚しました。
採卵と移植を繰り返すも妊娠しませんでした。
両側卵管水腫のため、卵管切除手術を行う。
31歳でAMHが0.21に低下。
不妊治療を休む周期を挟みつつ、採卵移植を繰り返すも妊娠しませんでした。
32歳で2日目4分割の新鮮胚を移植しましたが、HCG25で化学流産してしまいました。
その後も不妊治療を継続しました。
34歳で半年間不妊治療をお休みしました。
その1年後になる35歳で採卵し、凍結した3日目6分割の卵を移植し、HCG450で妊娠しました。そして現在に至ります。
36歳、女性

before

After

漢方薬服用前は、何ヶ月も連続で空胞や変性卵が続きメンタルがボロボロになっていました。
漢方薬の服用を始めて半年くらいで、病院での不妊治療の休息期間を取った後に、再度始めた病院での不妊治療の採卵で、採卵できることが増えました。
採卵はできましたが授精しなかったこともある為、漢方薬の服用量を増やしていただき採卵した3回目で6分割胚を凍結したものを移植し、HCG450で妊娠しました。
現在、妊娠6ヶ月に入りました。

漢方サロン アクシスアンのお客様の声

after

先生から一言

その後ご出産の報告をいただいております。

TEL:※アクシスアンホームペーシの養生法をご確認の上、お電話ください。
住所:東京都港区北青山3-15-13 秀和北青山レジデンス502

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。

よく知って、正しく使おう OTC医薬品