冷え相談

寒冷地での講演はことわり続けていました。今は風光明媚な景色を堪能しています。

Before

男性。全国をまわっての講演が仕事。40才から、かれこれ10数年経ちます。いまだに講演の前日からストレスで背中の痛みと動悸があります。
何とか落ち着こうとするのですが、精神の高ぶりで眠れません。
安定剤服用。冷え症です。外食は冷飲食が多い。
サラダ、肉類、冷えたビールは毎日ジョッキ2杯。
処方箋でお世話になっている健康薬局で漢方相談した。

before

After

冷えは腎の大敵。腎の機能低下は不眠や動悸につながります。
「心」「腎」のサポート、コントロールする中成薬に「精」を補い、体を温める中成薬を足すことにより、服薬10日目から不調が少しずつ変化。朝から疲れにくくなった。
一月後の来店時には顔色が良く、精気がみなぎっている。
明日から北海道での講演です。以前だったら寒いところには理由をつけて断っていたといいます。
今は楽しめるようになり、安定剤の服薬を忘れるほどに。

健康薬局 保土ヶ谷駅ビル店の先生の声

after

先生から一言

3ヶ月の服薬でいったん中止したのですが、その後数ヶ月経った頃に再来店なさり、中成薬を再開されました。
どうしても冷えたビールや生野菜はやめられませんとの事。
体を温め、“精”を補う中成薬で冷えに負けない体づくりを続けられています。

TEL:045-337-2228
住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区岩井町1-7  ビーンズ保土ヶ谷

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。