その他

手の震えが止まらないというご相談

Before

40代男性から
「2年ぐらい前から手の震えが止まらない。
精密検査を受けたが異常がない。
薬を処方されたが効果がなかった。」
というご相談でした。

before

After

季節や昼夜で特に差が無くいつでも同じ状態ということ。
また長年のストレスを抱えていたということでした。
五臓の肝が原因で起こる手の震えを改善する漢方薬と肝血(かんけつ)を増やす滋養強壮剤を服用していただき、1か月ほどで落ち着きました。

エーケー有馬薬局 鷺沼店の先生の声

after

先生から一言

手の震えや筋肉がピクピクするなどの筋肉の不随意運動は、肝に蓄えられている血(けつ)の不足が原因で起こることが良くあります。
貧血症や胃腸虚弱、大量出血を伴うケガや手術、月経過多、過度なダイエット、慢性的なストレスなどで慢性的に肝血の不足を起こします。
肝血が不足すると顔や爪の色が悪い、手足のしびれ、筋肉のけいれんやひきつり、めまい、睡眠障害、眼精疲労、まぶたのけいれんなどが起こります。
肝血を回復するために胃腸を良い状態に保ち、肉や魚などたんぱく質を積極的に食事に取り入れましょう。

TEL:044-855-9531
住所:神奈川県川崎市宮前区鷺沼 3-1-36

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。