その他

卵巣付近の腫れを漢方で改善することができました。

Before

 生理痛は以前からあったのですが、下腹部の両サイドに痛みが出てきました。
 病院へ行きましたが、ピルを勧められ、それの服用が嫌だったので、漢方のお店へ行ってみました。

before

After

 相談していると、生理痛もひどいことから、子宮内膜症があるのでは?と言われ、婦人科で検査してみると、確かに内膜症がありました。さらには、卵巣が腫れていることも分かりました。
 そこで、漢方薬で対応してみることにしました。
内服薬を1日3回服用で続けてみました。
 すると、2~3周期ほどで、生理痛が楽になってきました。
鎮痛剤の服用量も激減です。
 そして、4ヶ月後に再度検診を受けると、卵巣の腫れはすっかり改善していました。
 今後も婦人科の症状を防ぐためにも、自分に合った漢方薬を飲み続けていきたいと思っています。

尾崎漢方薬局のお客様の声

after

先生から一言

 子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮頸がんなど婦人科系の疾病は」増え続けています。そこで、普段の服装も含めた生活習慣、食習慣が如何に影響を及ぼしているかを再認識する必要がありました。
 今回の場合も、職場の冷える環境や自分自身の不摂生などが重なり、様々な症状を引き起こしてしまったのでしょう。
 このような状況を改善させるべく、先ずは宮寒症を改善することにしました。
血液循環を良くして、冷えを緩和させることを基本に自分自身でも養生を続けていただいたこともあり、症状が改善してきたのでしょう。
 とにかく、冷やさない、夜更かしをしない、暴飲暴食をしないことは最低限、遂行されることをお勧めいたします。

TEL:0877-98-2037
住所:香川県丸亀市飯山町下法546-3

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。